2017年メンズトレンドファッション

MB's STYLE GUIDE

「論理的に」説明するファッション指南

こんにちは、ファッションアドバイザー/ブロガーのMBです。私は日頃ブログ「KnowerMag」やベストセラー書籍「最速でおしゃれに見せる方法」(扶桑社)などで、視覚効果による体型隠しや、歴史文脈に基づくコーディネート理論など、「論理的に」説明するファッション指南を行なっております。(後述のプロフィールも是非ご覧ください)この度BUYMAさんでも時折執筆させていただきます。ご購読頂ければ幸いです。
TOPIC1

「装飾」が今年のトレンドキーワード!!

「装飾性」のある服がトレンド
今年一番のトレンドは「ビッグサイズ&ビッグプリント」

今年一番のトレンドと言えばこちら「ビッグサイズ&ビッグプリント」。長らく続いた「ノームコア(普段着を何気なく着るスタンダードスタイル)」トレンドがマス層にまで浸透し価値を失い始め、今は徐々に「装飾性」のある服がトレンドとして好まれます。

・・・と言っても「派手すぎるもの」よりも「ちょっとアクセントになる」程度のものが、ノームコアとの境界線にある2017年には好ましい。

今シーズン世界的に注目されているブランド「OFF WHITE」は背中に入った大きめのプリントや、腕周りに入れたスリーブプリントが特徴的。でも実はこのブランド、どの服もプリントの色味は基本抑えてあるのです。 黒地に白、もしくは白地に黒などモノトーンをベースにしたものばかり。「モノトーン」はスーツで使われる大人っぽい色配置の象徴です。面積の大きいプリントは得てして子供っぽくなってしまうものですが、その分色彩を抑えてモノトーンにしてあげると「やりすぎ」「派手すぎ」な印象は生まれません。

海外セレブなどを中心に爆発的に広まったOFFWHITEですが、流行るには理由があるものです。商品画像を見ると「ちょっと俺には若すぎるかな・・・」と思うかもしれませんが、細身の黒パンツなどで合わせてあげると案外落ち着いた印象に。ノームコアでもなく、かといって派手すぎることもない。2017年のトレンドにぴったりハマるアイテムです。

Off-White Off-Whiteを見る
TOPIC2

「装飾」は小物で活かせ!!

柄や色味を入れるならバッグがおすすめ
「柄小物」チョイスしてみてください、印象は激変しますよ

装飾性のトレンド」と言われても、やっぱり男性はコンサバが好きなもの。
シャツにスラックスなどのベーシックな着こなしからどうしても離れられない・・・という人も、今年からは「デザイン小物」を取り入れてみましょう。

私もノームコアスタイルで「ちょっとつまらないな・・・」と思った際にはデザインの入ったリュックなどを使って「味付け」をします。

色や柄が入るのは抵抗がある、という人も「小物」なら取り入れられるはず。特にバッグは体から一歩離れたアイテムですから抵抗も少ないでしょう。柄や色味を入れるならバッグがおすすめです。

「装飾」は小物で活かせ!!  着用カバン:3.1 Phillip Lim(左)MARNI(右)

そして柄バッグはインポートブランドがおすすめ。私も毎週配信しているメルマガでリュックスタイルを見せていますが、着用品はファストファッションでもリュックは「フィリップリム」「マルニ」「カルヴェン」「サンローラン」などのインポートブランドを使うことが多いです。

私たちはファッションに関しては後進国です。「和服」の時代が長く「洋服」の文化がまだまだ根付いていません。イギリスでは背広の着こなし方を父親から教わりますが、日本では「父親」はダサいスタイルの象徴でもあるでしょう。

決して差別するわけではありませんが・・・そんな歴史の違いから、海外デザイナーと国内デザイナーとでは「ベーシックなアイテム」ならばともかく、「柄」や「グラフィック」などセンスが問われる部分はまだまだ差がある様に感じます。柄物を見ていくとどうしても惹かれるのは海外ブランドが中心になってしまいます。

いつもモノトーンの服、コンサバな服に傾倒しがちな人は、是非こういった「柄小物」をチョイスしてみてください。印象は激変しますよ。

TOPIC3

スケーターシューズのトレンドは「VANS」じゃなくて「NIKE」で!!

「スケーター」トレンドが再び注目を浴びています
30歳40歳の大人ならVANSよりもNIKEの方がおすすめ

90年代のトレンドがリバイバルしている昨今。コーチジャケット、アディダスジャージ、白パーカー、VANSスニーカーなど「スケーター」トレンドが再び注目を浴びています。30歳40歳くらいの男性ならばちょうど青春を過ごした時代でしょう。「オーリー」にチャレンジし、「エアマックス95イエローグラデ」に憧れたあの時代がまた再び評価されているのです。

ただし現代のトレンドは20年前と異なり、少々モダンにアップデートされています。90年代の色とりどりのカラーリングを使ったスタイルよりも、現代はモノトーンベースに「差し色」が好まれます。上述と内容がかぶりますが「派手すぎること」を嫌い、かといって「地味すぎること」も嫌う天邪鬼さが「2017年のトレンド」とも言えるでしょう。

そんなスケータートレンドの中、「VANSのスニーカー」を巷でよく見かけますが、30歳40歳の大人ならVANSよりもNIKEの方がおすすめ。こちらで紹介するのはNIKEのSB(スケートボード)ライン。プロスケートボーダーの「ステファンジャノスキー」のシグネチャーモデルです。

NIKE SB Nike SBを見る

シンプルデザインだけでなく、VANSよりもややソールが薄く主張が少ない大人なモデル。ボテッとしたサイジングが目立つVANSよりも抵抗少なく取り入れることができるでしょう。スケータースタイルだけでなくスキニーやスラックスなど細身のパンツにも適しています。

上まできっちり読まれた方は「靴は装飾しなくていいの??」と思うかもしれませんが、あくまで「派手すぎず地味すぎず」。靴も鞄も服も装飾でいっぱいにしてしまうと「デタラメ」になってしまうでしょう。あくまで「装飾は1点2点」で十分。鞄に装飾をしたら靴は控えめがオススメです。

以上、今回はこんなところ。是非お買い物、着こなしの参考にしてみてください。
なお私が毎週配信しているメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える 洋服の着こなし&コーディネート診断」ではこの様な論理的なファッション解説を行なっています。先月日本のメルマガ配信の先達であるホリエモンこと「堀江貴文」さんのメールマガジン読者数を抜き、個人配信では日本1位に輝きました。1万人が読むおしゃれの基礎を学べるメルマガ。お買い物の指針として是非活用頂ければと思います。
興味がある方は是非こちらからチェックください。

現役メンズバイヤーが伝える 洋服の着こなし&コーディネート診断
MB
PROFILE
MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家
アパレル店舗のスタッフから、店長、マネージメント、バイヤー、コンサルティング、EC運営など多岐にわたる経験を持つ。
現在は自身の運営する会社の代表としてプロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。
発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る堀江貴文氏を抜いて1位に輝いた。
出版する書籍は軒並みベストセラー、関連書籍含む累計刷数は60万部を突破。
「最速でおしゃれに見せる方法」(扶桑社)はamazon最高3位をマーク、
過去10年最も売れたメンズファッション書籍として認知されている。
監修するファッションHOWTO漫画「服を着るならこんなふうに」(KADOKAWA)は2017年春現在累計40万部突破。
連載は週刊誌「週刊SPA!」を始め多数。
名実共に日本を代表するメンズファッションブロガーである。
プロフィールの詳細はこちら(公式サイト)
公式サイト

バックナンバー

この記事の関連アイテム

バックパック

バックパックをもっと見る

Nike

Nikeのスニーカーをもっと見る

VANS

VANSのスニーカーをもっと見る

discount bags discount outerwear women bags women dress men outerwear men shoes men sneakers

我们只能从这个网站发送至日本,
然而你也可以继续在我们的英文网站浏览购买。谢谢

  • THE LARGEST DESIGNER FASHION ONLINE IN JAPAN
  • NEW ARRIVALS EVERYDAY UP TO 80% OFF
    The Personal Shoppers list their items everyday with discount up to 80% off.
  • SHIPPING INCLUDED
    All prices include a shipping fee.
  • OVER 8,000 BRANDS & 1,600,000 ITEMS
    CHANEL, Louis Vuitton, FENDI, VALENTINO, CELINE and more.

* $10 USD OFF COUPON FOR A FIRST $140 PURCHASE NOW *

visit English site 英文版 visit English site

CLOSE